出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」の通称》日本国内に生息する野生の哺乳類 (ほにゅうるい) ・鳥類について、捕獲・飼養の規制、生息環境の保護、個体数の調整、狩猟に関する制度などを定めた法律。鳥獣保護管理法。鳥獣法。狩猟法。

[補説]前身の狩猟法では狩猟の規制に重点が置かれていたが、戦後、鳥獣保護の観点から改正が行われ、昭和38年(1963)「鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律」に改称。平成14年(2002)に全面改正され、翌年「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」として施行。平成26年(2014)の改正にともない現名称に変更。

[社会/法律]カテゴリの言葉