ちょう‐しょう〔チヤウセウ〕【長×嘯】例文一覧 1件

  1. ・・・もう一人は悠然としてズボンのかくしに手を入れ空を仰いで長嘯漫歩しているふぜいである。空はまっさおに、ビルディングの壁面はあたたかい黄土色に輝いている。 こういう光景は十年前にはおそらく見られないものであったろう。この二人はやはり時代を代・・・<寺田寅彦「LIBER STUDIORUM」青空文庫>