ちょう‐しん〔チヤウ‐〕【長針】例文一覧 1件

  1. ・・・真白い面に鮮やかな黒字で書かれた数字や、短針長針が、狭い角度で互に開いていた形が、奇妙にはっきり印象に遺った。驚いて、一寸ぼんやりした揚句なので却って時計の鮮明な文字が、特殊な感銘を与えたのだろう。 知ろうともしなかった此時間の記憶は後・・・<宮本百合子「私の覚え書」青空文庫>