ちょうせん‐にんじん〔テウセン‐〕【朝鮮人参】 の意味

  1. ウコギ科の多年草。朝鮮・中国が原産。古くから薬用に栽培される。高さ約60センチ。葉は5枚ほどの小葉からなる手のひら状の複葉。夏、淡黄緑色の小花を多数つける。根は肉質で枝分かれが多く、白色で、漢方では強壮剤とする。御種 (おたね) 人参。高麗 (こうらい) 人参。