• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ちょう‐たい〔テウ‐〕【調帯】 の意味

  • ちょう‐たい〔テウ‐〕【調帯】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・農村の活溌な社会主義的発達はとりもなおさず都会の重軽工業を敏活に運転させる調帯だ。

      宮本百合子「五ヵ年計画とソヴェトの芸術」

    • ・・・おのおのの特性を少しも失うことなく、而も友情と云う強靭な調帯によって、結果に於ては二人ながら希望する目的に向って、共同作業を営んでいるのです。

      宮本百合子「男女交際より家庭生活へ」

    • 調帯も、万一はずれた時下で働いている者に怪我させそうな場所は鉄板の覆いがかかっている。

      宮本百合子「ドン・バス炭坑区の「労働宮」」