ちょう‐だい〔チヤウ‐〕【頂戴】例文一覧 30件

  1. ・・・つい私が眠ってしまったものだから、――堪忍して頂戴よ」「計略が露顕したのは、あなたのせいじゃありませんよ。あなたは私と約束した通り、アグニの神の憑った真似をやり了せたじゃありませんか?――そんなことはどうでも好いことです。さあ、早く御逃・・・<芥川竜之介「アグニの神」青空文庫>
  2. ・・・「じゃそうして頂戴よ。」 お絹は昨日よりもまた一倍、血色の悪い顔を挙げて、ちょいと洋一の挨拶に答えた。それから多少彼を憚るような、薄笑いを含んだ調子で、怯ず怯ず話の後を続けた。「その方がどうかなってくれなくっちゃ、何かに私だって・・・<芥川竜之介「お律と子等と」青空文庫>
  3. ・・・「兄さん泣いてなんぞいないで、お坐蒲団をここに一つ持って来て頂戴」 と仰有った。僕はお母さんが泣くので、泣くのを隠すので、なお八っちゃんが死ぬんではないかと心配になってお母さんの仰有るとおりにしたら、ひょっとして八っちゃんが助かるん・・・<有島武郎「碁石を呑んだ八っちゃん」青空文庫>
  4. ・・・そうしたら、九頭竜の野郎、それは耳よりなお話ですから、私もひとつ損得を捨てて乗らないものでもありませんが、それほど先生がたがおほめになるもんなら、展覧会の案内書に先生がたから一言ずつでもお言葉を頂戴することにしたらどんなものでしょうといやが・・・<有島武郎「ドモ又の死」青空文庫>
  5. ・・・「あれさ、それだけはよして頂戴よ。ししょう……もようもない、ほほほ。こりゃ、これ、かみがたの口合や。」 と手の甲で唇をたたきながら、「場末の……いまの、ルンならいいけど、足の生えた、ぱんぺんさ。先生、それも、お前さん、いささかど・・・<泉鏡花「開扉一妖帖」青空文庫>
  6. ・・・ 薄色の桃色の、その一つの紅茸を、灯のごとく膝の前に据えながら、袖を合せて合掌して、「小松山さん、山の神さん、どうぞ茸を頂戴な。下さいな。」と、やさしく、あどけない声して言った。「小松山さん、山の神さん、 どうぞ、茸を頂戴な・・・<泉鏡花「小春の狐」青空文庫>
  7. ・・・大いに頂戴しよう」「余所のは米の粉を練ってそれを程よく笹に包むのだけれど、是は米を直ぐに笹に包んで蒸すのだから、笹をとるとこんな風に、東京のお萩と云ったようだよ」「ウム面白いな、こりゃうまい。粽という名からして僕は好きなのだ、食って・・・<伊藤左千夫「浜菊」青空文庫>
  8. ・・・うしろからぶつと、「よして頂戴よ、お茶を引く、わ」と、僕の手を払った。「お前が役者になる気なら、僕が十分周旋してやらア」「どこへ、本郷座? 東京座? 新富座?」「どこでもいいや、ね、それは僕の胸にあるんだ」「あたい、役者・・・<岩野泡鳴「耽溺」青空文庫>
  9. ・・・ 女も今度は素直に盃を受けて、「そうですか、じゃ一つ頂戴しましょう。チョンボリ、ほんの真似だけにしといておくんなさいよ」「何だい卑怯なことを、お前も父の子じゃねえか」「だって、女の飲んだくれはあんまりドッとしないからね」「な・・・<小栗風葉「深川女房」青空文庫>
  10. ・・・「いや、お言葉はありがたく頂戴しまっけど、どうも、人を笑わすいう気になれまへんので……」 赤井がそう断ると、傍で聴いていた白崎はいきなり、「君、やり給え! 第一、僕や君が今日の放送であのトランクの主を見つけて、かけつけて来たよう・・・<織田作之助「昨日・今日・明日」青空文庫>
  11. ・・・「あたいよ、あけて頂戴。ねえ、あけてよ。だまって明神様へお詣りしたのは謝るから、入れて頂戴」と声を掛けたが、あけに立つ気配もなかった。「いいわよ」 安子はいきなり戸を蹴ると、その足でお仙の家を訪れた。「どうしたの安ちゃん、こ・・・<織田作之助「妖婦」青空文庫>
  12. ・・・と軍曹酒気を吐いて「お茶を一ぱい頂戴」「今入れているじゃありませんか、性急ない児だ」と母は湯呑に充満注いでやって自分の居ることは、最早忘れたかのよう。二階から大声で、「大塚、大塚!」「貴所下りてお出でなさいよ」と母が呼ぶ。大塚軍・・・<国木田独歩「酒中日記」青空文庫>
  13. ・・・互いに悪口雑言をし合っていますうちに、相手の男が、親方のお古を頂戴してありがたがっているような意久地なしは黙って引っ込めと怒鳴ったものとみえます。それが藤吉にグッと癪に触りましたというものは、これまでに朋輩からお俊は親方が手をつけて持て余し・・・<国木田独歩「女難」青空文庫>
  14. ・・・どうして拵えますかというと、鋏を持って行って良い白馬の尾の具合のいい、古馬にならないやつのを頂戴して来る。そうしてそれを豆腐の粕で以て上からぎゅうぎゅうと次第にこく。そうすると透き通るようにきれいになる。それを十六本、右撚りなら右撚りに、最・・・<幸田露伴「幻談」青空文庫>
  15. ・・・信長の時になると、もう信長は臣下の手柄勲功を高慢税額に引直して、いわゆる骨董を有難く頂戴させている。羽柴筑前守なぞも戦をして手柄を立てる、その勲功の報酬の一部として茶器を頂戴している。つまり五万両なら五万両に相当する勲功を立てた時に、五万両・・・<幸田露伴「骨董」青空文庫>
  16. ・・・私に頂戴ッて」 お島はなぐさみに鯣を噛んでいた。乳呑児の乳を放させ、姉娘に言って聞かせて、炉辺の戸棚の方へ立って行った。「さあ、パン上げるから、お出」と彼女は娘を呼んだ。「ううん、鞠ちゃんパンいや――鯣」 と鞠子は首を振った・・・<島崎藤村「岩石の間」青空文庫>
  17. ・・・いろいろ教えて頂戴したのね。難有うよ。お前さんのお蔭で、わたしはあの人が本当に可哀くなったんだから、それもお前さんにお礼を言っても好いわ。わたしもう行ってよ。そしてあの人を可哀がって遣るわ。・・・<著:ストリンドベリアウグスト 訳:森鴎外「一人舞台」青空文庫>
  18. ・・・貴女のお手で、私を確かり抱いて頂戴。斯うやって、私がすがり付いているように。そして、どうぞしっかり捕えていて下さい」と云いでもするように。 カルカッタの家に着いてからの或る日のことでした。スバーの母は、大変な心遣いで娘に身なりを飾ら・・・<著:タゴールラビンドラナート 訳:宮本百合子「唖娘スバー」青空文庫>
  19. ・・・ないものは頂戴いたしません。」僕はいますぐここからのがれたかった。「そうですか。どうもわざわざ。」青扇は神妙にそう言って、立ちあがった。それからひとりごとのように呟くのである。「四十二の一白水星。気の多いとしまわりで弱ります。」 僕・・・<太宰治「彼は昔の彼ならず」青空文庫>
  20. ・・・四十ペンニヒ頂戴いたしたいと申しておりました。」「そんなら出しておいてくれい。あとで一しょに勘定して貰うから。」 襟は丁寧に包んで、紐でしっかり縛ってある。おれはそれを提げて、来合せた電車に乗って、二分間ほどすると下りた。「旦那・・・<著:ディモフオシップ 訳:森鴎外「襟」青空文庫>
  21. ・・・ 昔ある国での話であるが、天文の学生が怠けて星の観測簿を偽造して先生に差出したら忽ち見破られてひどくお眼玉を頂戴した。実際一晩の観測簿を尤もらしく偽造するための労力は十晩百晩の観測の労力よりも大きいものだろうと想像されるのである。・・・<寺田寅彦「雑記帳より(2[#「2」はローマ数字、1-13-22])」青空文庫>
  22. ・・・田崎が事の次第を聞付けて父に密告したので、お悦は可哀そうに、馬鹿をするにも程があるとて、厳しいお小言を頂戴した始末。私の乳母は母上と相談して、当らず触らず、出入りの魚屋「いろは」から犬を貰って飼い、猶時々は油揚をば、崖の熊笹の中へ捨てて置い・・・<永井荷風「狐」青空文庫>
  23. ・・・やむをえずこの旨を神さんに届け出ると、可愛想にペンは大変御小言を頂戴した。御客様にそんなぶしつけな方があるものか以後はたしなむが善かろうときめつけられた。それから従順なるペンはけっして我輩に口をきかない。ただし口をきかないのは妻君の内にいる・・・<夏目漱石「倫敦消息」青空文庫>
  24. ・・・彼女の眼は「何でもいいからそうっとしといて頂戴ね」と言ってるようだった。 私は義憤を感じた。こんな状態の女を搾取材料にしている三人の蛞蝓共を、「叩き壊してやろう」と決心した。「誰かがひどくしたのかね。誰かに苛められたの」私は入口の方・・・<葉山嘉樹「淫賣婦」青空文庫>
  25. ・・・     九「善さん、も一つ頂戴しようじゃアありませんか」と、吉里はわざとながらにッこり笑ッた。 善吉はしばらく言うところを知らなかッた。「吉里さん、献げるよ、献げるよ、私しゃこれでもうたくさんだ。もう思い残すことも・・・<広津柳浪「今戸心中」青空文庫>
  26. ・・・「陽ちゃんがいらしたから紅茶入れて頂戴」「はい」「ああでしょ? だから私時々堪まらなくなっちゃうの、一日まるっきり口を利かないで御飯をたべることがよくあるのよ」 ふき子はお対手兼家政婦の岡本が引込んでいる裏座敷の方を悩ましそ・・・<宮本百合子「明るい海浜」青空文庫>
  27. ・・・毎年卒業式の時、側で見ていますが、お時計を頂戴しに出て来る優等生は、大抵秀麿さんのような顔をしていて、卒倒でもしなければ好いと思う位です。も少しで神経衰弱になると云うところで、ならずに済んでいるのです。卒業さえしてしまえば直ります。」 ・・・<森鴎外「かのように」青空文庫>
  28. ・・・ところがわたくしどならなくてはならなかったのですから、「これで結構ですよ、打っちゃって置いて頂戴」とでも云うように聞えたじゃございませんか。それからわたくしあのあとで五分間ほど黙っていましたの。ところがその黙っていると云うことも、がらがら云・・・<著:モルナールフェレンツ 訳:森鴎外「辻馬車」青空文庫>
  29. ・・・あなた、そこにいて頂戴。」「うむ。」と彼はいった。 妻が眼を閉じると、彼は明りを消して窓を開けた。樹の揺れる音が風のように聞えて来た。月のない暗い花園の中を一人の年とった看護婦が憂鬱に歩いていた。彼は身も心も萎れていた。妻の母はベラ・・・<横光利一「花園の思想」青空文庫>
  30. ・・・と言うと僭越だとてお目玉を頂戴する。「すべての不正を打破して社会を原始の純粋に返せ」と叫ぶ者は狂人をもって目せらる。姑息なる思想! 安逸に耽る教育者! 見よ汝が造れる人の世は執着を虚栄の皮に包んだる偽善の塊に過ぎぬじゃないか。要するに現代の・・・<和辻哲郎「霊的本能主義」青空文庫>