出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)口数の多いこと。しきりにしゃべること。
    1. 「先生の前で、しきりに其内容を―した」〈漱石こゝろ

[ト・タル][文][形動タリ]口数の多いさま。よくしゃべるさま。
    1. 「人生や芸術の問題を―と論ずるようになった」〈荷風腕くらべ