出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]かん高い音が続いて響くさまを表す語。
  • 「碁石の音のみ―と響いて居る」〈蘆花黒潮