ちょうちょうふじん〔テフテフフジン〕【蝶々夫人】例文一覧 2件

  1. ・・・ オペラの「蝶々夫人」を今日の日本人が見て、非現実的に感じるのは自然である。近衛秀麿氏が今度それを改作する由、お蝶夫人が歌手で、ピンカートンである音楽家が京都へ演奏旅行をして、最後は、お蝶がヨーロッパへ演奏に行ってその音楽家と出会いハッ・・・<宮本百合子「雨の小やみ」青空文庫>
  2. ・・・ところが日本というところは、過去においては余り東洋の幻想の中につつみこまれていた。蝶々夫人、お菊さん、小泉八雲の描くところの日本。それらはいずれも昔の日本の或る一面、或はそれが嘗ては日本であったところのものを、語っているかもしれないが、何し・・・<宮本百合子「「迷いの末は」」青空文庫>