ちょうちん‐もち〔チヤウチン‐〕【灯持(ち)】例文一覧 1件

  1. ・・・この精神的影響の上に数万円のハガキ代と、運動費、夥しい労力の消耗との結果、新たに八つの俗地が提灯持ち的に紹介されるに過ぎず、結局日日新聞の広告が全国的に最も有効に行われた事実に帰着するのみだとすると、抜け目なき脳味噌よ、悪魔に喰われろ、と云・・・<宮本百合子「夏遠き山」青空文庫>