ちょう‐つけ〔チヤウ‐〕【帳付け】 の意味

  1. 《「ちょうづけ」とも》
  1. 金銭・物品の出納などを帳面に書きつけること。また、その係の人。「売り上げの帳付けをする」
  1. 買った品物を帳面に書きつけておき、月末や節季に代金を支払うこと。つけ。「帳付けにして月末に支払う」
  • 名詞