出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 平安時代、宮中で儀式のときに弓矢を持って供奉した役。

  1. 中世、武家で外出の際に、弓矢を持って供をした役。調度持ち。

  1. 江戸時代、弓矢を飾った台。中央の作り付けの箙 (えびら) に矢を立て、その左右に弓二張りを立てて置いた。弓矢台。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉