いのうえ‐いんせき〔ゐのうへ‐〕【井上因碩】 の意味

  1. 囲碁棋士。井上家は江戸幕府の碁所 (ごどころ) 家元四家の一。江戸初期の中村道碩を祖とし、2世から代々井上因碩を名のる。