出典:デジタル大辞泉(小学館)

国司などの官人が、過失などで職を一時やめさせられること。ていにん。

「御札を削って、闕官―せらるべきよし」〈平家・一〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉