出典:デジタル大辞泉(小学館)

浮世草子のうち、主として町人の経済生活の実態を描いたもの。井原西鶴の「日本永代蔵」「世間胸算用」など。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉