ちょう‐び〔チヤウ‐〕【長尾】例文一覧 2件

  1. ・・・葛西金町を中心としての野戦の如き、彼我の五、六の大将が頻りに一騎打の勇戦をしているが、上杉・長尾・千葉・滸我らを合すればかなりな兵数になる軍勢は一体何をしていたのか、喊の声さえ挙げていないようだ。その頃はモウかなり戦術が開けて来たのだが、大・・・<内田魯庵「八犬伝談余」青空文庫>
  2. ・・・     小田切益之助の娘 二十三、聖心女学院出、 頭のよい、派手ずき。 お茶のテーブルに花をまき、クリームを銀器で出すという風。 長尾半兵衛の息、ケイオーに七八年居、いつ卒業するかあてのない男と婚約。――自分が引ま・・・<宮本百合子「一九二五年より一九二七年一月まで」青空文庫>