出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、銭96文を100文に通用させた慣行に対して、100文をそのまま100文として勘定すること。丁銭。調銭。→九六銭 (くろくぜに) 

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉