出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、商家の丁稚 (でっち) に多く用いられた名。また、丁稚・小僧。ちょま。

「―が親の名で来る御慶かな/野坡」〈炭俵