出典:デジタル大辞泉(小学館)

《帳簿の元締めの意》

  1. 金銭の帳簿をつかさどる役。また、その人。

  1. 江戸時代、興行物などの勘定を扱う役。また、その人。