• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ちょう‐やく〔テウ‐〕【跳躍】 の意味

  1. [名](スル)
  1. はねあがること。とびあがること。ジャンプ。「助走をつけて跳躍する」「跳躍力」
  1. 跳躍競技」の略。
  • 名詞

ちょう‐やく〔テウ‐〕【跳躍】の慣用句

  1. ちょうやくきょうぎ【跳躍競技】
  1. ちょうやくじょうこく【跳躍上告】
  • ちょう‐やく〔テウ‐〕【跳躍】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 彼等にせめて、一日のうち、もしくは、一週間のうち幾何かの間を、全く、交通危険に晒らされることから解放して、自由に跳躍し遊戯せしむることを得せしめるのは、たゞそれだけで意義のあることではないか。

      小川未明「児童の解放擁護」

    • ・・・地形がいい工合に傾斜を作っている原っぱで、スキー装束をした男が二人、月光を浴びながらかわるがわる滑走しては跳躍した。

      梶井基次郎「雪後」

    • ・・・ごわごわした固い布地の黒色パンツひとつ、脚、海草の如くゆらゆら、突如、かの石井漠氏振附の海浜乱舞の少女のポオズ、こぶし振あげ、両脚つよくひらいて、まさに大跳躍、そのような夢見ているらしく、蚊帳の中、蚊群襲来のうれいもなく、思うがままの大活躍・・・

      太宰治「創生記」