• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ちょうよう‐たいげつ〔テウヤウ‐〕【朝陽対月】 の意味

  1. 禅宗絵画の画題の一。一僧が破衣を繕 (つくろ) い、一僧が月下に読経する姿を描く。普通は双幅に描かれる。