ちょうれい‐ぼかい〔テウレイ‐〕【朝令暮改】例文一覧 3件

  1. ・・・ 就中、社員が度々不平を鳴らし、かつ実際に困らせられたのは沼南の編輯方針が常にグラグラして朝令暮改少しも一定しない事だった。例えば甲の社員の提言を容れて直ぐ実行してくれと命じたものを乙の社員の意見でクルリと飜えして肝腎の提言者に通告もし・・・<内田魯庵「三十年前の島田沼南」青空文庫>
  2. ・・・しどろもどろの、朝令暮改。こんなものでいいのかしら。何か気のきいた言葉でもって結びたいのだが、少し考えさせて下さい。 いよいよだめだ。これでおしまいだ。おゆるし下さい。私は小説を書きたいのです。・・・<太宰治「古典竜頭蛇尾」青空文庫>
  3. ・・・数な篤学の官吏の終生の努力と熱心によってようやく水産に聯関した海洋調査がやや系統的に行われるようになりはしたが、自分の知る限りでは時々の政府の科学的理解のない官僚の気まぐれなその日その日の御都合による朝令暮改の嵐にこの調査の系統が吹き乱され・・・<寺田寅彦「新春偶語」青空文庫>