出典:デジタル大辞泉(小学館)

短歌の上の句(長句)と下の句(短句)とを交互に詠み連ねる連歌。第一句を発句 (ほっく) 、次句を脇 (わき) 、第三句を第三、最終句を挙句 (あげく) といい、百韻を定型とするが、ほかに歌仙・世吉 (よよし) ・五十韻・千句・万句などの形式がある。→短連歌