出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 日本酒を飲むときに用いる陶製の小さな器。上が開き下のすぼまった小形のさかずき。江戸時代以降に用いられた陶製の杯についていう。ちょこ。

  1. 本膳料理に用いる1の形に似た深い器。酢の物や酒のさかななどを盛る。

[補説]「猪口」は当て字。「ちょく」は、「鍾」の呉音、福建音、朝鮮音からなどの諸説がある。