ちょこ‐ざい【×口才】 の意味

  1. [名・形動]小生意気なこと。こざかしいこと。また、そのさまや、そのような人。
    • 「我 (ひと) の仕事に邪魔を入れる―な死節野郎」〈露伴五重塔
  1. [補説]「猪口」は当て字。
  • 名詞
  • ちょこ‐ざい【×口才】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・しかし、この一ト月の間――というのはつまり、過ぐる三月の、日をいえば十三日の夜半、醜悪にして猪口才な敵機が大阪の町々に火の雨を降らせたその時から数えて今日まで丁度一ト月の間、見たり聴いたりして来た数々の話には、はや災害の中から「起ち上ろうと・・・

      織田作之助「起ち上る大阪」

    • ・・・「われも、子供のくせに、猪口才げなことを云うじゃないか。

      黒島伝治「浮動する地価」