チョコレート【chocolate】例文一覧 13件

  1. ・・・しかし、じきに二人は、仲よくなって、暖炉の前に腰をかけて、チョコレートやネーブルを食べながらお話をします。 夜になると、華やかな電燈が、へやの中を昼間のように明るく照らします。そこへ、女のお客さまがあると、へやじゅうは香水の匂いでいっぱ・・・<小川未明「煙突と柳」青空文庫>
  2. ・・・デパートの退け刻などは疲れたからだに砂糖分を求めてか、デパート娘があきれるほど殺到して、青い暖簾の外へ何本もの足を裸かのまま、あるいはチョコレート色の靴下にむっちり包んで、はみ出している。そういう若い娘たちにまじって、例の御寮人さんは浮かぬ・・・<織田作之助「大阪発見」青空文庫>
  3. ・・・ぽんと本を投げ出して、それから机の引き出しをあけ、チョコレートの箱と、ドロップの缶を取りだし、実にどうにも気障な手つきで、――つまり、人さし指と親指と二本だけ使い、あとの三本の指は、ぴんと上に反らせたままの、あの、くすぐったい手つきでチョコ・・・<太宰治「ろまん燈籠」青空文庫>
  4. ・・・たわいもない幻影を追う目がガラス棚のチョコレートに移ると、そこに昔の夢のビスケット箱の中のメールコーチが出現し、五十年前の父母の面影がちらつき、左団次の知盛が髪を乱して舞台に踊るのである。コーヒーの味のいちばんうまいのもまたそういうときであ・・・<寺田寅彦「銀座アルプス」青空文庫>
  5. ・・・塩釜から小さな汽船に乗って美しい女学生の一行と乗合せたが、土用波にひどく揺られてへとへとに酔ってしまって、仙台で買って来たチョコレートをすっかり吐いてしまった。釜石の港へはいると、何とも知れない悪臭が港内の空気に滲み渡っていて、浜辺に近づく・・・<寺田寅彦「夏」青空文庫>
  6. ・・・ 遺骸は有り合わせのうちでいちばんきれいなチョコレートのあき箱を選んでそれに収め、庭の奥の楓の陰に埋めて形ばかりの墓石をのせた。 玉が死んだ時は、自分が病気で弱っていたせいかなんとなく感傷的な心持ちがした。だれにもかわいがられずに生・・・<寺田寅彦「備忘録」青空文庫>
  7. ・・・するとそれは、チョコレートででもできているように、すっときれいにはなれました。「どうです。すこしたべてごらんなさい。」鳥捕りは、それを二つにちぎってわたしました。ジョバンニは、ちょっと喰べてみて、(なんだ、やっぱりこいつはお菓子だ。チョ・・・<宮沢賢治「銀河鉄道の夜」青空文庫>
  8. ・・・ 徳田さんのもっている色調はきついチョコレートがかった茶色であり、それに漆がかっているような艷がある。風化作用に対して、いかにも抵抗力のきつい感じである。若さは、この人物のうちにあって、瑞々しいというようなものではなく、もっと熱気がつよ・・・<宮本百合子「熱き茶色」青空文庫>
  9. ・・・頭、耳がやはり波を打ったチョコレート色の毛で被われ、鼻柱にかけて、白とぶちになって居る。今に大きくなり、性質も悠暢として居そうなのは、わるく怯えないのでもわかる。 私は「置いてね、置いて頂戴ね」とせびり出した。「・・・<宮本百合子「犬のはじまり」青空文庫>
  10. ・・・鉄工場に働いたり、あるいは酸素打鋲器をあつかっている労働者、製菓会社のチョコレート乾燥場などの絶え間ない鼓膜が痛むような騒音と闘って働いている男女、独特な聴神経疲労を感じている電話交換手などにとって、ある音楽音はどういう反応をひき起すか、ど・・・<宮本百合子「芸術が必要とする科学」青空文庫>
  11. ・・・然し、その女のひとは、電車の隅々までよくとおる声を低めず、進駐軍のために日本語を教えていること、自分がアメリカに生れたというので大変よろこんで親切にしてくれること、チョコレートやお砂糖をどっさりくれることを話した。「そりゃ甘いチョコレートで・・・<宮本百合子「その源」青空文庫>
  12. ・・・ 女中の持って来たチョコレートと紅茶を千世子は立って自分で配りながら、 おきらいじゃあないでしょう? 笑いながらクリクリに刈った肇の頭の地の白く見えるのを上から見ながら云った。「この人はねえ、チョコレートのそこぬけな・・・<宮本百合子「千世子(三)」青空文庫>
  13. ・・・ プラットフォームに入っては口もろくに利けないほど急いた気持になって持って来たチョコレートの折をわたしたりしわになった衿をなおしてやって居るともう発車の時になって仕舞った。 コトリと動き出して、京子の窓が三間ほど向うへ行った時千世子・・・<宮本百合子「千世子(二)」青空文庫>