ちょっかい例文一覧 2件

  1. ・・・ 私はちょっかいを出すように、面を払い、耳を払い、頭を払い、袖を払った。茶番の最明寺どののような形を、更めて静に歩行いた。――真一文字の日あたりで、暖かさ過ぎるので、脱いだ外套は、その女が持ってくれた。――歩行きながら、「……私は虫・・・<泉鏡花「小春の狐」青空文庫>
  2. ・・・事によったらお前さんなんぞも留守に来て、ちょっかいを出したかも知れないわ。お前さんだってそう底抜けに信用するわけにはいかないわ。兎に角お前さんがそんなことをしたにしても、あの人が構わなかっただけはたしかだわ。どうもそうらしいわ。それだからな・・・<著:ストリンドベリアウグスト 訳:森鴎外「一人舞台」青空文庫>