出典:デジタル大辞泉(小学館)

正月の門付け芸の一。江戸中期以降、京坂で福禄寿などの大きな張り子を頭にかぶり、三味線・太鼓・ささらなどに合わせて早口に祝言を唱えて回ったもの。のちには張り抜き籠 (かご) に大きな舌を出した顔を描いたものをかぶり、黒塗りの笠をつけたものもあらわれた。