出典:デジタル大辞泉(小学館)

狐拳 (きつねけん) の一。合いの手に「ちょんきなちょんきな、ちょんちょんきな、ちょんがなのはで、ちょちょんがほい」などと唱えながら、その声が終わるのを合図に拳を打つもの。

[生活/その他]カテゴリの言葉