出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《動詞「ち(散)る」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」。上代語》散りつづける。しきりに散る。
  • 「秋萩の―◦へる野辺の初尾花仮廬 (かりほ) に葺 (ふ) きて」〈・三六九一〉