ちりけ‐もと【身柱元】 の意味

  1. えりくびのあたり。くびすじ。
    • 「氷でも当てられたように、―からゾッとなる」〈風葉・涼炎〉
  • 名詞