出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 生命の危険をも考えずに振る舞うこと。また、その人や、そのさま。「命知らずが集まる」「命知らずな冒険」

  1. 丈夫で長持ちすること。また、そのもの。

    1. 「この手紬 (てつむぎ) の碁盤縞 (ごばんじま) は、―とて親父の着られしが」〈浮・永代蔵・一〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース