出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代以降、神祇官で、陰暦3月の桜の花の散るころ特に活動するといわれる疫病神をはらうため、大和大神 (おおみわ) ・狭井 (さい) 二社の神を祭った行事。神社でも行われ、現在は簡略化されて伝わる。はなしずめのまつり。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉