出典:デジタル大辞泉(小学館)

《命をつなぎとめている綱の意から》生きていくうえでこの上もなく大切なもの。いのちづな。「わずかな食糧が命の綱だ」「命の綱と頼る人」