出典:デジタル大辞泉(小学館)

国・村・城・寺院など、一定の地域や造営物を守護するために祭られた神。のちには氏神産土 (うぶすな) 神と区別しがたくなったものも多い。鎮守。鎮守の神。