ちんぜい‐ぶぎょう〔‐ブギヤウ〕【鎮西奉行】 の意味

  1. 鎌倉幕府の職名。文治元年(1185)源頼朝が天野遠景を派遣して九州地方の御家人を統制させたのに始まる。のち、権限は守護に移り、鎮西探題の設置で実質的機能は失われた。鎮西守護。