出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ちんそう」とも。「ちん(頂)」は唐音禅宗の高僧の肖像。画像は写実性が要求され、師がみずからの頂相画にをつけて弟子に与え伝法の証 (あかし) とした。彫像で表した頂相彫刻もある。中国代から隆盛をみ、日本では鎌倉時代にすぐれた作品が多い。ちょうそう。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉