出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 一地方を守るために駐在する軍隊。また、その長。

  1. 明治初期の常備陸軍。明治4年(1871)東京・大阪・鎮西(小倉)・東北(石巻)の4鎮台を置き、明治6年(1873)、東京・仙台・名古屋・大阪・広島・熊本の6鎮台となった。明治21年(1888)師団と改称。

  1. 鎮台兵」の略。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉

出典:青空文庫