出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代以降、堆朱の技法を伝えた家系の世襲名。足利義詮 (よしあきら) に仕えた長充 (ちょうじゅう) が中国の元代の名工張成・楊茂の一字をとって楊成と称したのに始まる。明治から昭和にかけて20代まで業を伝えた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉