つい‐そん【追尊】 の意味

  1. [名](スル)その人の身分に応じて、その亡父・亡祖に尊号を贈ること。
  • 名詞

つい‐そん【追尊】の慣用句

  1. ついそんてんのう【追尊天皇】
    • 帝位に就かなかった親王に、死後贈られる天皇の称号。歴代には数えない。崇道(すどう)天皇(光仁天皇の皇子早良(さわら)親王)など。