出典:デジタル大辞泉(小学館)

大みそかの夜に行われる朝廷の年中行事の一。鬼に扮 (ふん) した舎人 (とねり) 殿上人らが桃の弓、葦の矢、桃の杖 (つえ) で追いかけて逃走させる。中国の風習が文武天皇の時代に日本に伝わったものという。江戸時代の初めには廃絶したが、各地の社寺や民間には節分の行事として今も伝わり、豆まきをする。鬼やらい。鬼追い。鬼打ち。 冬》「山国の闇 (やみ) 恐ろしき―かな/石鼎」

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語