出典:デジタル大辞泉(小学館)

くやしく思うこと。残念に思うこと。

「旧主先帝の御―をも休め参らせらるべき御器量」〈太平記・三四〉