出典:デジタル大辞泉(小学館)

人が最後に通る道。死出 (しで) の道。

「―きのふは過ぎぬ今日も又よもと思ふぞはかなかりける」〈続古今・哀傷〉