出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 江戸時代の学説で、五十音図のうち、同じ段の音が相通じることをいう。「けむり」を「けぶり」、「かなしむ」を「かなしぶ」、「きみ(黍)」を「きび」というなど。→通音 (つうおん) 

  1. 漢詩で、近接する音調をもつ異種の韻字を通用して韻を踏むこと。特に、古詩の場合に多い。