出典:デジタル大辞泉(小学館)

1830~40年代に英国で唱えられた通貨論争における主張の一。物価は通貨の量の増減によって騰落するから、銀行券の発行は金の流出入に応じて規制する必要があるとした。→銀行主義

[社会/経済]カテゴリの言葉