出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「つうけ」とも》知れ渡ること。広く知られること。多く「国内通計」の形で用いられる。つうけい。

「隠す隠すと私語 (ささや) きけれども、国内―の事なれば」〈盛衰記・一三〉