出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ変][文]つう・ず[サ変]
  1. 道筋が他とつながる。また、道筋をつける。

    1. ㋐道路などがある所まで達する。また、交通機関が通る。「国道へ―・ずる道」「駅までバスが―・ずる」

    2. ㋑何かを伝って到達する。また、届かせる。「電話が―・ずる」「電流を―・ずる」

    3. ㋒大小便が出る。

      「厠で恐しく―・じたり吐いたりしたが」〈滝井無限抱擁

  1. 意志やものの意味などが相手に伝わる。また、伝える。「冗談が―・じない」「気脈を―・ずる」

  1. ある物事の詳しい知識をもつ。精通する。「内情に―・ずる」

  1. 広く行き渡る。広い方面に通用する。「あだ名で―・ずる」「現代にも―・ずる問題」

  1. 相手とつながりをもつ。また、つながりをつける。

    1. ㋐ひそかに敵方と連絡する。内通する。「敵に―・ずる」

    2. ㋑異性と関係をもつ。「人妻と―・ずる」「情を―・ずる」

  1. (「…を通じて」の形で)

    1. ㋐全体に及ぼす。包括する。「一年を―・じて暖かい」「全国を―・じて流行する」

    2. ㋑媒介とする。「友人を―・じて知り合う」「テレビを―・じて訴える」

出典:青空文庫

出典:gooニュース