出典:デジタル大辞泉(小学館)

俳諧で、一座の者が同一の題で句を詠むこと。また、その題。とおりだい。