つかい‐わ・ける〔つかひ‐〕【使い分ける】例文一覧 1件

  1. ・・・私は時と場合とに応じてこの札の裏表を使い分ける事を教えられた。 見ているうちに私はこの雑多な品物のほとんど大部分が皆貰いものや借り物である事に気が付いた。自分の手で作るか、自分の労力の正当な報酬として得たもののあまりに少ないのに驚いた。・・・<寺田寅彦「厄年と etc.」青空文庫>