出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]

  1. 人に何かの働きをさせる。人を雇ったり、言いつけたりして用をさせる。「人を―・って事業を始める」「人に―・われる」

  1. 物などをある目的のために用いる。道具・材料などを役立たせる。使用する。利用する。「マイクを―・って講義する」「不正に―・われる」「魚介を―・った料理」「この食品は防腐剤を―・っておりません」

  1. 目的を遂げる手段・方法としてあることをする。「賄賂 (わいろ) を―・う」「色目を―・う」「仮病を―・う」

  1. 容易には扱えないものをたくみに動かす。あやつる。また、自在に言葉を話す。「手品を―・う」「人形を―・う」「フランス語を―・う」

  1. あれこれと注意を払って心を働かせる。「気を―・う」「細かい神経を―・う」

  1. 物・金銭・時間などを、何かをするのに当ててその量や額を減らす。消費する。ついやす。「金を―・う」「時間を有効に―・う」

  1. 特定の語と結びついて、それを用いての行為を表す。「弁当を―・う」「湯を―・う」

  1. 保つ。

    1. 「あひ戦はむとすとも、かの国の人来なば、猛 (たけ) き心―・ふ人も、よもあらじ」〈竹取

    2. 用いる[用法]

[可能]つかえる

出典:青空文庫

出典:gooニュース